©2019 by Junji Katsuhira Lab. Proudly created with Wix.com

​勝平純司 研究室

バイオメカニクス・人間工学

 

KATSUHIRA LABについて

Potential Applicationというコンセプト ​

 ヒトの動作を支援するためには,動作への正しい理解が重要です.我々はモーションキャプチャーを用いた動作分析の手法によりヒトの動作を科学することで,腰痛などの障害発生の予防や新しいデバイスの開発を行っています.
 健常者も障害者もすべてのヒトが兼ね備えているPotential(潜在能力)をきちんと活用することで,動作のパフォーマンスを高めることができます.教示やデバイスによって底活動者から高活動者まで幅広くPotential Application(潜在能力の活用)を目指す.これが私たちの研究のコンセプトです.

 

​​研究内容

​​腰部負担に関する研究

モーションキャプチャー装置を使用して腰部負担の分析する研究を行っています.NHKスペシャルにも出演された東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座の松平浩先生の研究室と連携して,日常生活動作,スポーツ動作,くしゃみ,介護動作,ストレス課題下での持ち上げなどの腰部負担を分析しています.本研究内容で,テレビ番組にも複数回出演しています.

​​新しい装着型機器の開発

ダウンロード.jpg

東京大学松平先生,川村義肢株式会社の安井匡氏やGKダイナミクスの三富貴峰氏とともに最新の福祉用具を開発しています.我々のチームで開発したTrunk Solutionは2014年のGood Design賞を受賞しました.Trunk Solutionは腰部負担を軽減するだけでなく,片麻痺者を中心とした疾患者の歩行を改善する新しい体幹訓練機器です.トランクソリューション株式会社より2017年より販売され,すでに多くの病院や施設などに導入されています.

​​歩行・動作分析に関する研究

モーションキャプチャー装置やその他簡便な計測機器を使って,健常者や疾患者の歩行分析に関する研究を行っています.リハビリテーションなどの介入効果や福祉用具などの使用効果を運動学,運動力学的に解析しエビデンスを示す試みを行っています.研究を実施するだけでなく,主に臨床歩行分析研究会主催のリハビリテーション系の学生や臨床家を対象とした歩行分析のセミナーも行っています.

 

執筆書籍

 

​​セミナー情報

March 1‐3, 2019

​​VICON使い方セミナー IN 新潟医療福祉大学

May 26,2019​

​トランクソリューションセミナー IN ミズノ 大阪

July 12-14, 2019

基礎バイオメカニクスセミナー初級

Aug 23-25,2019

基礎バイオメカニクスセミナー中級

10:30 AM

スケジュール項目

 

​​CONTACT

〒950-3198 新潟県新潟市北区島見町1398番地 新潟医療福祉大学リハビリテーション学部義肢装具自立支援学科

025-257-4621(内9619)